脱毛サロンで断られた?
それはどういう条件の人?

今回は脱毛サロンで実際に施術ができず、そして断られてしまう人のお話です。

脱毛サロンっていうのは意外と脱毛できる人に条件があって、誰でも通えるのかって言われれば決してそういうものでもないんです。

では早速ですが、そういった脱毛サロンで施術できない人の条件を以下に記しました。

  • 現在何かしら薬を常用している人
  • 肌が傷ついていたり、トラブルがある人
  • 日焼けをしてしまっている人
  • 持病、風邪、微熱などがある人
  • 授乳中、妊娠中の人
  • アトピー性皮膚炎、紫外線アレルギーの人
  • じんましんが出てしまう人
  • タトゥーや刺青が入っている人
  • 糖尿病の人

  • 脱毛する日の前後10日に予防接種がある人
  • 海、プール、岩盤浴などに1週間以内に通う目処がある人
  • 日焼け止めクリームだったり、制汗剤等を当日塗って行った人
  • 飲酒してから12時間が経過していない人

上のような条件にもし該当してしまっていたら残念なんですが、脱毛に適していない人とみなされて断られてしまう恐れがあります。

なので、もしこの条件に当てはまってしまったのならば、それが改善するか、そういう状況でなくなったときからのスタートになります。

なんですが、薬を飲んでいる場合に関しては医師に相談した結果OKが出る場合があったり、脱毛サロン側で「常用していても大丈夫な薬」のリストがあるので、もしかしたら脱毛サロンに言ってからOKになる場合もあります♪

もし今薬を飲んでいるのであれば、申告するか担当の医師に相談するようにしましょう^^

あと横線で上下に区切られた下側なのですが、この条件というのは自分次第で避けられる条件です。この辺りは、個人個人でしっかりコンディションを整えてから通えるようにしましょうね♪

サブコンテンツ