脱毛サロンって痛いの?
できれば避けたい施術の痛み!

脱毛サロンに行きたいけど、痛みとか苦手だし、できれば痛みの少ないサロンに通いたい…。

やっぱり痛いのは誰でもイヤですし、できれば痛まないところを選びたいってのが心情ですよね!

でもこれって一長一短なところがあって、つまりは良い所もあり、悪いところもあるんです。「何が一長一短なの?」って思うかもしれませんが、その前に「そもそも痛みってなんで感じるの?」ということからお話しないといけません。

痛みってなぜ感じるの?

ここに良い所、悪い所を分ける理由があるんですが、脱毛サロンの施術は光を使ったフラッシュ脱毛が一般的です。そして、この光っていうのは黒だったり、色素の濃いところに反応してその部分を暖める働きがあるんです。

このように毛根などの黒い部分の温度をあげることで、毛をつくっている毛根周辺の毛母細胞は熱で破壊され脱毛完了となります。こういったプロセスを辿るわけです。

なので当たり前と言えば当たり前のことなのですが、当然細胞を破壊するわけなのでそこには必ず痛みが伴います。逆に痛みがないっていうのは毛母細胞を破壊しきれていないか、もしくは施術が恐ろしく下手かになってくるんです。

なので「効果が余りなかった…。」なんてもし感じているのであれば、もしかしたら先程言ったことが原因なのかもしれません。だから「痛いのはイヤっ!」って思って痛みの少ないサロンに通うと、逆に脱毛するまでの時間が延びてしまったりということも可能性としては考えられるんですね。

なので、この痛みっていうのは結構ポイントで時間をとるのか、もしくは脱毛スピードをとるのかっていう問題に最終なってきます!これが最初に言った一長一短の理由なんです。

ただ中には例外も。

ただ、中には例外もあるんです。それはミュゼ脱毛ラボの場合です。

これら2サロンにおいてはちょっとだけ条件が違っているんですね。「どう違うの?」って感じなんですが、これらのサロンでは「S.S.C.脱毛」っていう脱毛方式が採られていて、現在ある施術方式の中では最も新しい施術方法になっています。

これらは痛みがほとんどありません!実際に私もS.S.C脱毛はしたことあるんですが、本当に痛くなかったです。

光で脱毛するっていうことに関しては他のサロンと対して変わりはないんですが、脱毛するまでのメカニズムが少し異なるので痛みがないからと言って、脱毛効果が薄いってことでもないんだそうです。なのでこの2サロンに関してだけ言えば

施術の痛みがある = 脱毛の効果が薄い

という方程式が必ずしも当てはまりません。

なので、痛いところなら単純に早く脱毛が完了する可能性があるのですが、痛みがない所がじゃあ脱毛効果が薄いのか?って聞かれれば、こういった理由から「そうでもない」ということになってきます。

この辺は知識として知っておくと良いですね♪

今回のまとめ
  • 施術が痛いところは基本的に光の出力が高い。
  • 出力が高い方が脱毛効果が一般的には高い。
  • ただし、脱毛ラボとミュゼに関してだけはこの限りではない。
サブコンテンツ