ムダ毛を脱毛するときに
1番多い肌トラブルがこれ!

今やムダ毛の処理というのは化粧と同じで女性にとっても非常に大事なことですよね!

ただ、もしムダ毛を自己処理しているのであれば注意してほしいことがあります。その注意してほしいものの正体なんですが、それは「埋没毛」です。

以下のような写真のものですよね。

恐らくムダ毛の自己処理をしているのであれば範囲の大小はあるにせよ、誰でも必ず経験していることと思います。

私の場合はワキと、足によくこの黒いボツボツが出来てしまい、脱毛サロンに通う前は本当に良く悩んでいました。男性で言えば、恐らく青ヒゲってところでしょうか笑。まぁとにかく悩んでいたんですよね。

埋没毛ができるメカニズムがこれ

でも、この埋没毛って一体どうしてできてしまうのでしょうか?このメカニズムに関してなのですが、具体的には以下のような過程で起こってきます。

基本的にはカミソリや、毛抜きで自己処理している場合に起こってくるんですけど、結局のところ、毛を剃ったり抜いたりしたときに周囲の皮膚が毛穴を修復してしまい、毛穴を塞いでしまうことが原因で起こってくるんですね。

毛穴の中に閉じ込められた毛というのは結局成長することができず、そのまま中で成長してしまうので、それが傍から見たときに黒いボツボツとして映ってしまいます。

ひどい場合だと手術になる場合もあります。

埋没毛を避けるには!

じゃあこの埋没毛って一体どうやって避ければいいのでしょうか?

これの答えなのですが、残念ながら自己処理をしているのであれば埋没毛を避けることはできません。可能性を0にすることはできないんですよね…。

カミソリを使った時点で、少なくとも肌に傷を入れている訳です。なので、どんなに気をつけても皮膚修復が行われ、埋没毛ができる可能性は必ずついてまわります。

もしこういった埋没毛ができるのがイヤだと言うのであればクリニックや脱毛サロンで脱毛するという方法があります。

多くの人がこういった手段を採っていますが、お金が掛かってくるので、もし通うのであれば慎重に決めたいところですね!

サブコンテンツ